プラセンタについて色々調べてみました

プラセンタの効果

プラセンタはビタミン、ミネラル等の栄養に加え、妊娠の状態を維持する女性ホルモンや細胞分裂を促す成長因子も有しています。そのため摂取した際に得られる効果の範囲が実に広く、ほとんどの疾患を解決する事が可能です。その中でも主要と考えられる効果を三つ、挙げていきます。

一つ目は細胞の活動能力を上げるという効果です。これにより、生成される赤血球の量が増加するので、通常よりも赤血球内のヘモグロビンという成分が減少した時に起こる貧血を改善する事が期待できます。 また治癒能力が向上するので、胃潰瘍や肝硬変等の細胞が損なわれる事により起こる病気の改善も期待できます。 さらに皮膚にある細胞の代謝が活発になるので、代謝の衰退で発生するしわや、しみ、くすみ等に効果があるとされています。

二つ目は女性ホルモンの量を調整するという効果です。これにより、女性ホルモン量を一定にするので、分泌される女性ホルモン量が減少した時に起こる更年期障害、月経痛、月経不順、無月経等の病気や、反対に分泌される女性ホルモン量が増加した時に起こるしみの一種である肝斑が防止されます。

三つ目は活性酸素の発生を抑えるという効果です。活性酸素は通常の酸素とは異なり、他の分子と結びつきやすい不安定な状態なので、正常な細胞にも作用しやすく、作用した場合その細胞は損傷を受け、上手く機能しなくなります。その活性酸素を抑える事により、慢性疲労のような、活性酸素の大量発生が原因で神経細胞や筋肉細胞が損傷を受け、その状態が長期間に渡った事により起こる病気の改善が期待されます。 これらの効果を見ただけでも分かる通り、プラセンタの持つ力は極めて絶大です。