プラセンタについて色々調べてみました

プラセンタの栄養

プラセンタには非常に豊富な栄養が含まれています。三大栄養素である、糖質、たんぱく質、脂質はもちろん、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸、活性ペプチド、酵素等も含まれています。

具体的に見ていくとビタミンはB群の糖質の代謝に必要なB1、脂質の代謝を促すB2、たんぱく質の代謝に必須のB6、別名ビタミンMの葉酸と共に赤血球の生産を行うB12や、鉄の吸収率を上げるC、骨の成長に不可欠なD、血行を改善するE、B群の一種で糖質や脂質の代謝に働きかけるナイアシン等があります。

ミネラルは歯と骨を生成するカルシウム、体液の濃度を一定に保つナトリウムとカリウム、ビタミンB群の活動を助けるリン、体温の調節をするマグネシウム、細胞分裂を促進する亜鉛、赤血球内のヘモグロビンを構成する鉄等があります。

アミノ酸はたんぱく質を作り出したり分解したりするロイシン、たんぱく質の生成に大切なリシン、血中の窒素量の割合を調節するバリン、新陳代謝を促すスレオニン、血管を広げるイソロイシン、炎症を抑えるグリシン、脂肪を消費するアラニン、免疫能力を上げるアルギニン等があります。

核酸は遺伝子の主な部分であるDNA、たんぱく質の生成に関与するRNA等があります。 活性ペプチドはアミノ酸が多く結びついてできた分子で、ミネラルを吸収したり体の酸化を防ぐ能力を上げたりする等の役割があります。

酵素は主に肝臓の細胞再生を行うアルカリホスファターゼ、エネルギー代謝に重要なアデノシン三リン酸等があります。 このような栄養がプラセンタに含まれているお陰で、胎児は出産まで順調に成長する事ができます。