プラセンタについて色々調べてみました

概要 -プラセンタ

プラセンタとは

プラセンタの栄養

プラセンタの効果

プラセンタの今後

プラセンタの成分

プラセンタの注意点

プラセンタの副作用

プラセンタの歴史

プラセンタとは?TOP

プラセンタは英語です。意味は胎盤ですが、元来はラテン語で丸く平たい洋菓子という意味です。胎盤の形状がそれに相似していた事から現在の意味として定着したとされています。

胎盤は母体と胎児の間に位置し、母体より送られてくる酸素や栄養等を胎児へと受け渡し、胎児より出でた炭酸ガス等の老廃物を母体へと送り出します。

また胎盤は成長因子と呼ばれる胎児が成長するのに不可欠な成分を多く持ち、胎児の細胞分裂が円滑に進むよう補助します。

プラセンタはこの胎盤に含まれる栄養や成長因子を取り出したもので、正確にはプラセンタエキスです。

プラセンタが注目を浴びたのは最近と思いがちですが、実はかなり前に既に注目されています。古代ギリシャの医師、古代エジプトの女王、中国の秦の皇帝等々多くの人々がプラセンタを治療や美容で利用しました。

その理由にプラセンタの絶大な効果が挙げられます。免疫力向上、抗アレルギー、精神安定、造血等実に様々です。

哺乳類の動物は出産した後に胎盤を食しますが、その理由の一つに絶大な効果を本能で理解しており、出産で失った体力を補い育児に備えるためと推察されており、プラセンタの効果を裏付ける証拠の一つと考えられています。

日本でもプラセンタの存在とその効果は昔、既に知られていましたが医学の世界で注目されたのは近代です。

以降研究が進められた事で乳汁分泌不全、更年期障害や肝臓機能障害等の治療、ひいては美容にも目を向けられるようになりました。

そして医学の世界だけでなく様々な業界もプラセンタの効果に着目した事で、それを配合したサプリメント、化粧品、ドリンク等を販売し始め、今やプラセンタは広く一般に知れ渡るようになりました。

こうしてプラセンタはごく身近なものになりましたが、その全ては未だ解明しきれておらず、研究は現在も行われています。